Society5.0

Society5.0

Society5.0

「狩猟社会」「農耕社会」「工業社会」「情報社会」に続く、人類史上5番目の新しい社会、それが「Society(ソサエティ)5.0」です。Society 5.0 の実現への貢献が期待される技術には、IoT、ロボティックス、超高速広帯域通信網等と並んでAIがあります。

社会変革「AI-Ready な社会

AI-Readyな社会とは、社会全体がAIによる便益を最大限に享受するために必要な変革が行われ、AIの恩恵を享受している、または、必要な時に直ちにAIを導入し、その恩恵を得られる状態にある「AI活用に対応した社会」を意味します。

AI を用いて、複雑な処理を機械にある程度任せられること が可能になっても、「何のために AI を用いるのか」という目的設定は、人間が行う必要があります。AI は、社会を良くするために使うことも可能であれば、望ましくない目的達成のために使われたり、無自覚に不適切に使われたりすることもありうるのです。そのため、我々は「何 のために AI を用いるのか」に答えられるような「人」「社会システム」「産業構造」「イノ ベーションシステム」「ガバナンス」の在り方について、技術の進展との相互作用に留意 しながら考える必要があります。

マニュアル・手順書作成代行のマニュスターで解決できること

埼玉県でマニュアル作成代行をしているマニュスターは、お客様が苦手な「写真撮影」「動画撮影」の作成を代行し、皆さんがお使いのスマホでマニュアルや手順書を見ることが出来るようになるサービスです。

スマホでマニュアルが見えるようになるからこそ、誰もが残業が減り有給休暇が取れる働きやすい環境になる働き方改革の支援と、情報を一元管理することで情報が共有され見える化されることで、生産性の向上の実現の両輪を支援しております。日本に来て頂けている外国人労働者の方にもわかりやすいように紙のマニュアルや手順書を、ITの力で母国語に変換する【自動翻訳機能を標準装備】されております。日本語の文字だけではわかりにくいニュアンスを、動画や写真でわかりやすく表現できることから、品質向上にも貢献します。

関連記事

  1. 公正な待遇の確保

    公正な待遇の確保

  2. ハッピー

    働き方の多様化

  3. めりはりのある働き方

    業務の効率化

  4. マニュスター

    問題を知る

  5. AI(人工知能)

    AI(人工知能)

  6. 労働基準法の改正

    労働基準法の改正