働き方の見直し

生産性の向上

国内外の先行研究の結論を踏まえると、中長期的にワーク・ライフ・バランスの取り組は、生産性等にプラスの影響をもたらす可能性が高いことが指摘されています。ただし、企業業績に余裕がある企業でワーク・ライフ・バランス施策が導入されているという逆の因果関係が存在している点には留意が必要です。内閣府(2017)では、企業の属性の近い企業同士を比較することで、逆の因果関係をコントロールした推計を行い、テレワークと長時間労働是正を併せて実施する場合に生産性に対し有意にプラスの影響を与えていることを指摘しています。

労働者のメリット

労働時間が減少することは、すべての項目に対してプラスかつ有意な影響を与えていることが示唆され、特に育児をする確率の変化が大きくなっています。労働時間について男女間の格差を縮小させることで、家庭や育児の負担をより平等にしていくことにつながる可能性があります。また、自己啓発の時間を確保することは、今後の技術革新への対応という観点からも重要です。さらに、買い物時間が増加すれば消費拡大し、趣味の時間を確保できることは生活の質を向上させることにつながる可能性があると考えられます。

マニュアル・手順書作成代行のマニュスターで解決できること

埼玉県でマニュアル作成代行をしているマニュスターは、お客様が苦手な「写真撮影」「動画撮影」の作成を代行し、皆さんがお使いのスマホでマニュアルや手順書を見ることが出来るようになるサービスです。

スマホでマニュアルが見えるようになるからこそ、誰もが残業が減り有給休暇が取れる働きやすい環境になる働き方改革の支援と、情報を一元管理することで情報が共有され見える化されることで、生産性の向上の実現の両輪を支援しております。日本に来て頂けている外国人労働者の方にもわかりやすいように紙のマニュアルや手順書を、ITの力で母国語に変換する【自動翻訳機能を標準装備】されております。日本語の文字だけではわかりにくいニュアンスを、動画や写真でわかりやすく表現できることから、品質向上にも貢献します。

関連記事

  1. ハッピー

    働き方の多様化

  2. 一億総活躍社会

    一億総活躍社会

  3. 労働基準法の改正

    労働基準法の改正

  4. 年齢別人口グラフ

    働き世代

  5. AI(人工知能)

    AI(人工知能)

  6. マニュスター

    ITを使って