働き方の多様化

ワーク・ライフ・バランス

少子高齢化が進む中、性別・年齢に関わらず、希望する人が能力を十分に発揮して働ける環境を整備することは、非常に重要な課題です。また、長く自分にあった仕事を続けていくためには、ライフステージに合わせて就業と学 び直しの行き来ができる環境を整備し、技術進歩に合わせてスキルアップを図ることが必要です。こうした変化を踏まえると、今後の労働市場には、個々の働き手が自分にあった働き方 を選択できるような多様性が求められるのです。

柔軟な働き方

過去5年の取り組み状況を見ると、有給休暇取得促進、長時間労働の是正の取り組を積極化させている企業が増えている中、フレックス制度とテレワークについては取り組をしていない企業が7割近くあります。また、働き方の見直しは企業規模と相関が高く、従業員規模が大きいほど柔軟な働き方やWLBの取組をより積極化させている傾向があります。

ワーク・ライフ・バランスは、従業員の意欲向上・健康維持、従業員の離職の防止に繋がると考えられています。また、フレックス制度やテレワークでは、生産性向上や競争力強化、女性の活躍推進など、柔軟な働き方を推進することで女性の正社員比率が高まり、企業収益も上昇することが期待されています。

マニュアル・手順書作成代行のマニュスターで解決できること

埼玉県でマニュアル作成代行をしているマニュスターは、お客様が苦手な「写真撮影」「動画撮影」の作成を代行し、皆さんがお使いのスマホでマニュアルや手順書を見ることが出来るようになるサービスです。

スマホでマニュアルが見えるようになるからこそ、誰もが残業が減り有給休暇が取れる働きやすい環境になる働き方改革の支援と、情報を一元管理することで情報が共有され見える化されることで、生産性の向上の実現の両輪を支援しております。日本に来て頂けている外国人労働者の方にもわかりやすいように紙のマニュアルや手順書を、ITの力で母国語に変換する【自動翻訳機能を標準装備】されております。日本語の文字だけではわかりにくいニュアンスを、動画や写真でわかりやすく表現できることから、品質向上にも貢献します。

関連記事

  1. 労働力不足

    労働力不足

  2. Society5.0

    Society5.0

  3. 年齢別人口グラフ

    働き世代

  4. マニュスター

    ITを使って

  5. めりはりのある働き方

    業務の効率化

  6. AI(人工知能)

    AI(人工知能)