生産性について

仕事に進め方

生産性が上がらないとは

生産性の向上は、時短にばかり重きを置きがちとなりますが、ここに大きな罠が有ります。会社は、基本的に成長し続ける事を前提に日々の事業を営んでいます。つまり、業績が上がり続ける限り業務量は増え続けます。ですから、どんなに時短にしても、業務量が増えれば労働時間は増えていくのです。

まず時短を目指すと申し上げましたが、これには人のスキルに頼りがちになるといった問題点もあるのです。大企業であれば、全社員の教育には、時間とお金がかかります。規模が小さい企業では、特定の個人に属人化するリスクが生まれます。

プロセスの改善

プロセスを見直すとは、不要な作業を無くしたり、統合したり、順序を入れ替えたりする事です。その作業を無くせないか、複数の作業を一緒に出来ないか、作業順序を入れ替えられないか、作業を省略・簡素化出来ないかなどを考えてみましょう。

業務プロセスそのものを疑ってみる。又見直す。時間はかかりますが、業務量の増加による労働時間の増加を抑えられます。その業務自体を無くすことは即効性が有り、その時点では時短効果が目に見えて分かる為、よし成功だと思いがちです。でも、複数作業の統合に取り組まないと、生産性はいつまでたっても変わらず向上しないのです。

生産性とは何か

言葉で表すと、投入した資源に対して得られる成果物の量の比率です。少ない資源で、多くの成果物が出せれば生産性が高く、そうでなければ低いという事になります。理想としては、少ない原材料、情報量、時間やコストで多くの成果を出し続けられる状態を作る事です。

いきなりベストを目指すと大きな罠に引っかかるという事です。少ない資源で、多くの成果物をと考えると、かえって非効率を生み、生産性を下げてしまう事が往々にしてあります。これまでやってきた業務ならまだしも、新規業務であれば十分な注意が必要です。

外国人向け動画マニュアル作成代行 | マニュスターの特徴

  1. マニュアル・手順書作成の代行をします!
  2. 102ヶ国の外国語に日本語から一瞬で変換できます。
  3. マニュアル・手順書を作成しない時期は、メンテナンス料金に移行

マニュアル・手順書作成を外注するメリット

  1. 本来の業務に集中できるので、マニュアル・手順書作成時間が不要。
  2. ITやパソコンに詳しくなくてもOK。いつもの作業をいつも通りの所を撮影させて頂きます。
  3. 文言の修正や写真・動画の修正も承ります。

というように、外国人向け動画マニュアルや手順書の作成代行を提供するベストプランナー合同会社は、既存マニュアルの有無にかかわらず企業様にお伺いし、月額定額制でマニュアル・手順書の作成代行を提供しております。

マニュアルや手順書を作成したことがない方や、ITに詳しくない方でも当社スタッフが現地にお伺いし、写真の撮影・動画の撮影・工程や文言の入力等行いますので、安心してお任せください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. マニュスター

    仕事に活かせる「見える化」する事で得られる効果

  2. 柔軟な働き方

    働き方の見直し

  3. 公正な待遇の確保

    公正な待遇の確保

  4. マニュスター

    生産性の向上

  5. 一億総活躍社会

    一億総活躍社会

  6. 働き方改革と人口ピラミッド

    働き方改革と人口ピラミッド