仕事に活かせる「見える化」する事で得られる効果

相手に理解させる事の難しさと納得させる事の難しさで得られる効果

定型業務を誰でも出来るようにし、底上げする

言葉や文字を使った場合、個人によって理解度に差が出たり、勝手なイメージを抱く場合が有ります。チェックシートやチャート表などを用いる事で、誰でも納得してもらいやすく、すべき事の理解度が上がり、支持側のレベルにも左右されません。これは、定型業務に有効な手段です。

定型業務の「見える化」するとは、チェックシートやマニュアルを使う事で、仕事に慣れていない人でも同じようなレベル仕事が出来、質を個人のレベルに左右されず一定水準に保てます。また、改善点を探し質の向上に役立ち、教える側の手間も省けます。

考えを、他人にも伝わるように「見える」様なものにする

考えの「見える化」は、思考内容と思考プロセスを見えるようにする事です。考えの全体像や構成、言いたい事、強調したい事、例などが分かりやすくなります。このように、考えを「見える化」する事で、改善点の発見にも繋がり、それを蓄積すれば、本人の必勝のパターンなどの構築にも繋がります。

考えを「見える化」する事で、他人に伝えやすくなります。より理解力深まり、良き交流が生まれます。他人とのコミュニケーションが促進され、考えを深化させる事が出来るのです。また、議論に入る前に揉め事を避ける事も出来るのです。説明、質問、議論、説得、どの様な場面でも「見える化」する事でコミュニケーションを促進してくれるのです。

実行力(計画し、行動する)の促進

5W2Hが明確な事、考えを「見える化」し、行動する事で結果は得られるのです。実行可能になるのは、着手出来る様になるからです。作業、順番、前後関係、アウトプット、実行タイミング、更にどのレベルまでに作業か、いつまでやらないと進捗に影響するか、実行者、責任者などが決まっているから着手出来ます。

実行の「見える化」は計画性です。常に考え実行する力、また、他者からの協力を得る事も重要です。このように、プロジェクト化されていく中で「計画性」は必要なスキルなのです。問題点の抽出し、進捗管理し、早期に問題点を改善し、実行を確実化し、期限内、予算内で目標を達成する事も重要なスキルです。

外国人向け動画マニュアル作成代行 | マニュスターの特徴

  1. マニュアル・手順書作成の代行をします!
  2. 102ヶ国の外国語に日本語から一瞬で変換できます。
  3. マニュアル・手順書を作成しない時期は、メンテナンス料金に移行

マニュアル・手順書作成を外注するメリット

  1. 本来の業務に集中できるので、マニュアル・手順書作成時間が不要。
  2. ITやパソコンに詳しくなくてもOK。いつもの作業をいつも通りの所を撮影させて頂きます。
  3. 文言の修正や写真・動画の修正も承ります。

というように、外国人向け動画マニュアルや手順書の作成代行を提供するベストプランナー合同会社は、既存マニュアルの有無にかかわらず企業様にお伺いし、月額定額制でマニュアル・手順書の作成代行を提供しております。

マニュアルや手順書を作成したことがない方や、ITに詳しくない方でも当社スタッフが現地にお伺いし、写真の撮影・動画の撮影・工程や文言の入力等行いますので、安心してお任せください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. マニュスター

    自分の考えを正確に伝え共有する事と、自分の考えと仕事のレベルの底上げをする

  2. 働き方改革_在宅勤務

    働き方改革の背景

  3. 年齢別人口グラフ

    働き世代

  4. マニュスター

    仕事を「見える化」する事で見えてくる効果について

  5. 働き方改革と人口ピラミッド

    働き方改革と人口ピラミッド

  6. 柔軟な働き方

    働き方の見直し