労働者の休み方

有給休暇取得のためのルール作り

労働者の休み方

有給休暇の取得促進において、休みやすい制度設計・運用になっているかが重要です。有給休暇を取得しないことが社内で一般的になってしまっている場合、会社側が有給休暇を取得しやすい環境を設計することが重要な解決策となることがあります。

解決策として、メモリアル休暇を設定することが考えられます。会社として、誕生月に有給休暇を必ず取得するようなルールを設定します。メモリアルの内容は、全員に平等に設定できる誕生日や入社日などであることが重要です。

属人化を改善

有給休暇の取得が進まない理由として、仕事を替わってくれる人がいない。休暇の前後に残業時間が増えてしまい、かえって負荷が高まる。等の理由をあげる方がいます。本人しか業務内容を把握していない状況に陥り、周囲と仕事を分担・支援しあえる関係にないため、休むことに対して消極的になってしまうのです。このような状態は、休暇取得の場面以外でも体調不良による離脱や突然の退職時に事業遂行の大きなリスク要因となります。

仕事が属人化している場合には、業務内容を相互に理解する機会を設置する、多能工化によって交代可能なメンバーを育成しておく等の方法が考えられます。複数メンバーで業務遂行できる体制を構築することが重要です。

マニュアル・手順書作成代行のマニュスターで解決できること

埼玉県でマニュアル作成代行をしているマニュスターは、お客様が苦手な「写真撮影」「動画撮影」の作成を代行し、皆さんがお使いのスマホでマニュアルや手順書を見ることが出来るようになるサービスです。

スマホでマニュアルが見えるようになるからこそ、誰もが残業が減り有給休暇が取れる働きやすい環境になる働き方改革の支援と、情報を一元管理することで情報が共有され見える化されることで、生産性の向上の実現の両輪を支援しております。日本に来て頂けている外国人労働者の方にもわかりやすいように紙のマニュアルや手順書を、ITの力で母国語に変換する【自動翻訳機能を標準装備】されております。日本語の文字だけではわかりにくいニュアンスを、動画や写真でわかりやすく表現できることから、品質向上にも貢献します。

関連記事

  1. 労働基準法の改正

    労働基準法の改正

  2. Society5.0

    Society5.0

  3. 労働力不足

    労働力不足

  4. 公正な待遇の確保

    公正な待遇の確保

  5. 柔軟な働き方

    働き方の見直し

  6. 働き方改革_在宅勤務

    働き方改革の背景