業務の効率化

効率化10の実践

  1. 会議のムダ取り (会議の目的やゴールを明確にする。参加メンバーや開催時間を見直す。必ず結論を出す。)
  2. 社内資料の削減 (事前に社内資料の作成基準を明確にして、必要以上の資料の作成を抑制する。)
  3. 書類を整理整頓する (整理整頓を行い、書類を探すための時間を削減する。)
  4. 標準化・マニュアル化 (業務を可能な限り標準化、マニュアル化する。)
  5. 労働時間を適切に管理 (上司は部下の仕事と労働時間を把握し、部下も仕事の進捗報告をしっかり行う。)
  6. 業務分担の適正化 (業務の流れを分析した上で、業務分担の適正化を図る。)
  7. 担当以外の業務を知る (業務負荷が高いときに助け合える環境をつくる。)
  8. スケジュールの共有化 (スケジュールの共有を図り、お互いの業務効率化に協力する。)
  9. 「がんばるタイム」の設定 (自分の業務や職場内での議論、コミュニケーションに集中できる時間をつくる。)
  10. 仕事の効率化策の共有 (研修などを開催して、効率的な仕事の進め方を共有する。)

内閣府 仕事と生活の調和推進室より抜粋

めりはりのある働き方

めりはりのある働き方

生産性を向上させ、短時間で成果を挙げ、仕事が早く終わった分だけ、自身の生活を充実させる働き方を目指すのが「めりはりのある働き方」です。そのためには、業務の進め方を効率化して、業務の遂行のために必要な時間を見直すことが重要です。

マニュアル・手順書作成代行のマニュスターで解決できること

埼玉県でマニュアル作成代行をしているマニュスターは、お客様が苦手な「写真撮影」「動画撮影」の作成を代行し、皆さんがお使いのスマホでマニュアルや手順書を見ることが出来るようになるサービスです。

スマホでマニュアルが見えるようになるからこそ、誰もが残業が減り有給休暇が取れる働きやすい環境になる働き方改革の支援と、情報を一元管理することで情報が共有され見える化されることで、生産性の向上の実現の両輪を支援しております。日本に来て頂けている外国人労働者の方にもわかりやすいように紙のマニュアルや手順書を、ITの力で母国語に変換する【自動翻訳機能を標準装備】されております。日本語の文字だけではわかりにくいニュアンスを、動画や写真でわかりやすく表現できることから、品質向上にも貢献します。

関連記事

  1. 働き方改革_在宅勤務

    働き方改革の背景

  2. 働き方改革と人口ピラミッド

    働き方改革と人口ピラミッド

  3. 労働力不足

    労働力不足

  4. 労働基準法の改正

    労働基準法の改正

  5. 公正な待遇の確保

    公正な待遇の確保

  6. マニュスター

    仕事に活かせる「見える化」する事で得られる効果