公正な待遇の確保

不合理な待遇差の解消

公正な待遇の確保

パートタイム労働法、労働契約法、労働者派遣法の改正(2020年4月1日施行)※中小企業におけるパートタイム・有期雇用労働法(注)の適用は2021年4月1日

同一企業内における正社員と非正規社員の間の不合理 な待遇の差をなくし、どのような雇用形態を選択しても待遇に納得して働き続けられるようにすることで、 多様で柔軟な働き方を「選択できる」ようになります。

公正な待遇の確保

・不合理な待遇差の禁止
正社員と非正規社員の間で、基本給や賞与などあらゆる待遇について不合理な待遇差を設けることが禁止されます。「均衡待遇規定」「均等待遇規定」が法律に整備されます。

・労働者に対する、待遇に関する説明義務の強化
非正規社員は、正社員との待遇差の内容や理由などについて、事業主に対して説明を求めることができるようになります。

・行政による事業主への助言・指導等や裁判外紛争解決手続の規定の整備
行政による助言・指導等や行政ADRの規定が整備されます。 都道府県労働局において、無料・非公開の紛争解決手続きを行うことができます。

マニュアル・手順書作成代行のマニュスターで解決できること

埼玉県でマニュアル作成代行をしているマニュスターは、お客様が苦手な「写真撮影」「動画撮影」の作成を代行し、皆さんがお使いのスマホでマニュアルや手順書を見ることが出来るようになるサービスです。

スマホでマニュアルが見えるようになるからこそ、誰もが残業が減り有給休暇が取れる働きやすい環境になる働き方改革の支援と、情報を一元管理することで情報が共有され見える化されることで、生産性の向上の実現の両輪を支援しております。日本に来て頂けている外国人労働者の方にもわかりやすいように紙のマニュアルや手順書を、ITの力で母国語に変換する【自動翻訳機能を標準装備】されております。日本語の文字だけではわかりにくいニュアンスを、動画や写真でわかりやすく表現できることから、品質向上にも貢献します。

関連記事

  1. 労働基準法の改正

    労働基準法の改正

  2. 柔軟な働き方

    働き方の見直し

  3. マニュスター

    ITを使って

  4. AI(人工知能)

    AI(人工知能)

  5. 働き方改革_在宅勤務

    働き方改革の背景

  6. Society5.0

    Society5.0