思考の「見える化」

四つの型

分類・関連・自由・ガイド

分類型は、物事を部分と集合に分類する形式で、マトリックスやロジックツリーなどが有ります。思考展開をある形式化した方式に当てはめて「見える化」して展開するものです。関連型は、因果展開ツリーや魚の骨図などの問題解決に使われる図表で、物事を関連性で「見える化」する形式です。

自由形は、ブレインストリーミングやKJ法、マインドアップなど完全見自由にしてしまうと纏まりのない状態になるので、思考の展開アプローチに少し縛りを入れたものです。ガイド型は、前に三つがより考える段階寄りだとすると、実践の誘導に近い段階での「見える化」です。人を変化に導く時の思考とコミュニケーションの見える化で三つを纏める見える化とも言えます。

分類型をより細分化

分類型の簡単な方法はメモですが、これは個人の備忘録となってしまうのでより発展的なやり方を使いましょう。分類型は、より頭を整理するやり方です。答えを導き出す為に、分類し細分化するのです。近代科学が成立させたのは、この様に細部に分解して検討可能な部分にする方法です。

箇条書きは、思考を「見える化」する最も単純なツールですが、自分な考えを整理でき、説明でき、ミスのチェックも出来るシンプルなものです。チェックリストやミーティングアジェンダも、元々箇条書きの発展型です。

マトリックスとロジックツリー

マトリックスとは、縦軸と横軸で切ってマスを作り、その中に物事を分類していく事です。この方法は、経営戦略論やコンサルティングに大きな変革を齎しました。マトリックスは、思考が見える化し議論と操作が可能となり、これによって戦略を検討するプロセスが見える化できるのです。例として、ビジネススクリーンやマーケティングポジションマップなどが挙げられます。応用範囲が広く、何かを分類する時に有効です。

マトリックスでは、相関を持たない二軸で考え、軸の適性の適性を考え、仮説を立てて考えます。ロジックツリーは、全体を 大~小に部分分解し、集合要素をあらっていく方法です。次項⑩で細かい説明しましょう。

外国人向け動画マニュアル作成代行 | マニュスターの特徴

  1. マニュアル・手順書作成の代行をします!
  2. 102ヶ国の外国語に日本語から一瞬で変換できます。
  3. マニュアル・手順書を作成しない時期は、メンテナンス料金に移行

マニュアル・手順書作成を外注するメリット

  1. 本来の業務に集中できるので、マニュアル・手順書作成時間が不要。
  2. ITやパソコンに詳しくなくてもOK。いつもの作業をいつも通りの所を撮影させて頂きます。
  3. 文言の修正や写真・動画の修正も承ります。

というように、外国人向け動画マニュアルや手順書の作成代行を提供するベストプランナー合同会社は、既存マニュアルの有無にかかわらず企業様にお伺いし、月額定額制でマニュアル・手順書の作成代行を提供しております。

マニュアルや手順書を作成したことがない方や、ITに詳しくない方でも当社スタッフが現地にお伺いし、写真の撮影・動画の撮影・工程や文言の入力等行いますので、安心してお任せください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. マニュスター

    アジェンダとテンプレート化

  2. マニュスター

    うっかり忘れを防止する為の、To-Doリスト

  3. マニュスター

    変革する様に導くガイド型

  4. マニュスター

    思考の見える化

  5. マニュスター

    流れで問題点を見つける・関係性を考える

  6. マニュスター

    分類型と関連型