うっかり忘れを防止する為の、To-Doリスト

To-Doリストは、何をすべきかのリスト

作業項目を「見える化」する To-Doリスト

都度の仕事を遂行する為の、すべき事の項目をあげていくもの=短期的な計画実行の「見える化」です。以下4点が利点です。①優先順位・緊急度か確認できる ②うっかり忘れの防止 ③他の人に頼める ④スケジュール化で、進捗状況が確認できる。

やるべき作業項目が分れば、スケジュールに落とし込むの簡単です。達成期日がある目標・目的は、分解・設定・順序づけられていれば、これを実行すれば、ある目的が期日通りに完了するのです。

「重要度」と「緊急度」のマトリックス

一番重要なのは、「緊急で重要」です。これは緊急課題なので最優先で行うべきものです。次に対応すべきなのは、「緊急で重要ではない」です。これは、期日付きの処理案件です。

三番目は、「緊急でないが重要」な事です。これは、長期的な案件でずっとリストに残っている事も多いかと思います。最後4番目ですが、「緊急でも重要でもない」これに時間をかけてはいけません。すぐやるか、やめるかです。

ポストイット式と課題一覧

TO-DOリストの作成は、自分に合った時間・曜日に行えばいいでしょう。 フォーマットも自分の使い易いものを使いましょう。 重要なのは習慣化なのです。簡単な一例は、ポストイットを手帳に貼る方法です。

プロジェクトが大規模な場合、やるべき課題が多く出てきてしまい、うっかり忘れが起きやすいので、スケジュール全体に影響を与えない様、課題一覧を作成しましょう。

外国人向け動画マニュアル作成代行 | マニュスターの特徴

  1. マニュアル・手順書作成の代行をします!
  2. 102ヶ国の外国語に日本語から一瞬で変換できます。
  3. マニュアル・手順書を作成しない時期は、メンテナンス料金に移行

マニュアル・手順書作成を外注するメリット

  1. 本来の業務に集中できるので、マニュアル・手順書作成時間が不要。
  2. ITやパソコンに詳しくなくてもOK。いつもの作業をいつも通りの所を撮影させて頂きます。
  3. 文言の修正や写真・動画の修正も承ります。

というように、外国人向け動画マニュアルや手順書の作成代行を提供するベストプランナー合同会社は、既存マニュアルの有無にかかわらず企業様にお伺いし、月額定額制でマニュアル・手順書の作成代行を提供しております。

マニュアルや手順書を作成したことがない方や、ITに詳しくない方でも当社スタッフが現地にお伺いし、写真の撮影・動画の撮影・工程や文言の入力等行いますので、安心してお任せください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. マニュスター

    思考の見える化

  2. マニュスター

    アジェンダとテンプレート化

  3. マニュスター

    変革する様に導くガイド型

  4. マニュスター

    目標は期日と数字で

  5. マニュスター

    成果物、スケジュール、最適配分、リスク、対応プラン

  6. マニュスター

    計画し、実行に移すための見える化