撮影手順と改定後のチェック

事前の段取りとその後の使われ方

目的・対象の選定と事前準備・段取り

対象となる業務を明確にし、その業務の範囲を選定します。その中でも、作業の始点と終点をはっきりさせる事が重要なポイントです。また、目的を明確にしてから、取り組んでいきましょう。

事前にどういった機材を使うのか、例えば撮影用のムービーカメラやデジタルカメラの用意は必要です。また、モデルは誰にするのか、撮影はどこでどのような方向からどのような角度で撮影するかなど事前に打ち合わせをしておきましょう。更に、職場の責任者や関係各所に事前連絡しておきましょう。

実施日と担当者選定

定型業務ならそれほど問題ないのですが、内容が変則的な業務は、その発生日に撮影をする必要が有り、事前にキチンと打ち合わせし、撮影日を決めておきましょう。モデルとなる人も、誰が・いつ・どんな時に・何のために使うのかをよく考えて、該当者を選定しましょう。

撮影時の需要ポイントは、普段道理の状態で、過度に丁寧な接客や作業である必要はなく、通常道理に作業を行ってもらいたい旨を伝えておくとスムーズに進みます。また、モデルになった方に過度に負荷を与えに様な気遣いも重要になります。

改定後のチェック

作成者は、実際使用されているか、間違いや不具合が発生していないかなどをチェックする必要があります。ただ自身で製作してものであるから、主観的になりやすく、使っている人が間違った使い方をしていると思いがちです。少し冷静に客観的にチェックできると良いですしょう。

マニュアルは、作成後も重要です。実際に使ってみて、確認・チェックを繰り返し、少しずつ完成度を上げていって下さい。マニュアルを作る事で、見える化され基準が出来ます。基準が出来ることで測れることは、自身が良い悪いか把握でき、正確性も上がります。そうすると、能率も上がっていきます。マニュアル作成は、仕事自体の効率化や改善にも繋がります。

外国人向け動画マニュアル作成代行 | マニュスターの特徴

  1. マニュアル・手順書作成の代行をします!
  2. 102ヶ国の外国語に日本語から一瞬で変換できます。
  3. マニュアル・手順書を作成しない時期は、メンテナンス料金に移行

マニュアル・手順書作成を外注するメリット

  1. 本来の業務に集中できるので、マニュアル・手順書作成時間が不要。
  2. ITやパソコンに詳しくなくてもOK。いつもの作業をいつも通りの所を撮影させて頂きます。
  3. 文言の修正や写真・動画の修正も承ります。

というように、外国人向け動画マニュアルや手順書の作成代行を提供するベストプランナー合同会社は、既存マニュアルの有無にかかわらず企業様にお伺いし、月額定額制でマニュアル・手順書の作成代行を提供しております。

マニュアルや手順書を作成したことがない方や、ITに詳しくない方でも当社スタッフが現地にお伺いし、写真の撮影・動画の撮影・工程や文言の入力等行いますので、安心してお任せください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. マニュスター

    マニュスター

  2. マニュスター

    探しやすさと更新のしやすさ

  3. マニュスター

    使われるマニュアルに作り直す

  4. マニュスター

    マニュアルを電子化する

  5. マニュスター

    意見を共有する

  6. マニュスター

    マニュアル作成に適した人と適した文章