例外処理とチェックリスト

特別な対応とうっかり忘れの防止

例外処理のマニュアル

標準マニュアルに載っていない業務、特別な対応が求められる業務が例外処理です。やはり業務に詳しい人に、どういったパターンがあるか、意識して取り組まないとミスに繋がる業務などヒヤリングし洗い出しましょう。さらに、特別な対応が必要な顧客、サービス、契約、次期などをチェックしましょう。

実務を行っている人が、例外処理が必要なパターンだと気づくようなマニュアルにします。名称も気づきに繋がる物が良いでしょう。何故発生したのか、対象や期間は、どういった対応をするべきなのかという事に気を付けて項目をまとめます。一度ですべての例外処理が見つけ出せるとは限りません。気づいたときに協議し、新たに加えましょう。

うっかり忘れを無くそう

チェックリストの目的はうっかり忘れを防ぎ、マニュアルを履行させるための物です。マニュアル徹底のための補完的役割を担います。マニュアルを見直せば、チェックリストも見直さなくてはなりません。

以下の五つを参考に知れ下さい。①実施するべき項目が適切な順序で示されているか②項目を実施したら、チェック済みになるようなっているか③作業者がチェックしやすいか④管理者が実務の実施状況を評価できるようになっているか⑤チェックリストを活用しマネジメントできるか

理解しやすくしよう

活用して貰うためには、見た目を良くして見る気にさせる事、また短時間で理解できるようにする事も大事です。マニュアルの構成とフォーマットが統一されていて、使用する用語も統一して下さい。また、絵や図解、表などをうまく取り入れ読み手が見やすく理解しやすくしていきましょう。

マニュアルの量が増えて来ると、探すのに手間がかかります。保管場所、目的の書かれている箇所、知りたい情報が毒どこ書かれているかが分からないと、利用者が減って行ってしまいます。マニュアルを利用・活用してもらうために一定の法則を作りましょう。

外国人向け動画マニュアル作成代行 | マニュスターの特徴

  1. マニュアル・手順書作成の代行をします!
  2. 102ヶ国の外国語に日本語から一瞬で変換できます。
  3. マニュアル・手順書を作成しない時期は、メンテナンス料金に移行

マニュアル・手順書作成を外注するメリット

  1. 本来の業務に集中できるので、マニュアル・手順書作成時間が不要。
  2. ITやパソコンに詳しくなくてもOK。いつもの作業をいつも通りの所を撮影させて頂きます。
  3. 文言の修正や写真・動画の修正も承ります。

というように、外国人向け動画マニュアルや手順書の作成代行を提供するベストプランナー合同会社は、既存マニュアルの有無にかかわらず企業様にお伺いし、月額定額制でマニュアル・手順書の作成代行を提供しております。

マニュアルや手順書を作成したことがない方や、ITに詳しくない方でも当社スタッフが現地にお伺いし、写真の撮影・動画の撮影・工程や文言の入力等行いますので、安心してお任せください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. マニュスター

    マニュアルを電子化する

  2. マニュスター

    タイミングの明確化と担当者の選定

  3. マニュスター

    企業理念と動画マニュアル

  4. マニュスター

    マニュアルを見直す為の3つの方向性

  5. マニュスター

    使われるマニュアルに作り直す

  6. マニュスター

    マニュスター