マニュアルを見直す為の3つの方向性

使われるマニュアルの3つの重要点

内容構成の補完と理解・探し易さの向上、更新しやすさ

マニュアルの主な構成内容は、業務手順・業務要項・例外処理・チェックリストです。使う人間が、理解し探せるよう表現上の体裁やインデックスを整えていきましょう。

放置させず、更新して使ってもらえるマニュアルにするには、使用者が更新の仕方が簡単で尚且つ更新のタイミングが明確な事が重要です。業務によってマチマチな更新のタイミングをキチンと期間設定しましょう。

会社が最も良いと定めた業務手順とは

最も良い手順とは、最善の手順を追究する事ではありません。会社の考え方にもとづいて、コストと品質のバランスが取れていて、会社が現時点で最も良いと判断した手順という事です。

業務量の増加、品質基準の変化など会社の状況は変化しているはずなので、業務手順が変わって行かないなど、見直された形跡がない場合、現時点で最も良い手順とは言えない可能性があります。以下のことに注意して、見直しましょう。品質、効果、個人情報保護、安全などです。

マニュアルを改訂する

はじめに、業務範囲が変わってないか、他部門との境界を明確にし対象業務の範囲を明らかにしていきます。業務のインプットとアウトプットが明確になっているかも重要です。これははっきりさせると、何をする業務なのかを理解して実行できます。

インプットからアウトプットへ変換するために、全ての作業項目が抽出できているかの確認と、重複していないか、安全か、個人情報の保護は大丈夫か、など考慮しあくまで必要最低限の作業項目が抽出されている事が重要なのです。

業務手順は、効率を重視し、改善案を検討する事が求められます。例として、手順の入れ替えで動きを減らしたり、使わない項目を削除し手順をスムーズにしたりと、順序付けが出来ればこれが新たな標準のマニュアルとなっていくのです。

外国人向け動画マニュアル作成代行 | マニュスターの特徴

  1. マニュアル・手順書作成の代行をします!
  2. 102ヶ国の外国語に日本語から一瞬で変換できます。
  3. マニュアル・手順書を作成しない時期は、メンテナンス料金に移行

マニュアル・手順書作成を外注するメリット

  1. 本来の業務に集中できるので、マニュアル・手順書作成時間が不要。
  2. ITやパソコンに詳しくなくてもOK。いつもの作業をいつも通りの所を撮影させて頂きます。
  3. 文言の修正や写真・動画の修正も承ります。

というように、外国人向け動画マニュアルや手順書の作成代行を提供するベストプランナー合同会社は、既存マニュアルの有無にかかわらず企業様にお伺いし、月額定額制でマニュアル・手順書の作成代行を提供しております。

マニュアルや手順書を作成したことがない方や、ITに詳しくない方でも当社スタッフが現地にお伺いし、写真の撮影・動画の撮影・工程や文言の入力等行いますので、安心してお任せください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. マニュスター

    タイミングの明確化と担当者の選定

  2. マニュスター

    業務要項の有無と作成・改訂

  3. マニュスター

    使われるマニュアルに作り直す

  4. マニュスター

    わかりやすさ(シンプル)

  5. マニュスター

    例外処理とチェックリスト

  6. マニュスター

    探しやすさと更新のしやすさ